読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台風/仙台へ②

南三陸町というところに行った。東北は初めて。旦那さんのお父さんの実家へ。

お家から五分もあるけば海岸があって、漁船があった。

 

お家へ伺うと、おいしいご飯をたくさん作っておもてなししてくださった。出てくる料理はどれも魚がたくさんで、やっぱり海の人は毎日魚を食べるのかと思って、旦那さんに言ったら、おもてなししてくれてるだけで、ラーメンも食べると思うよと言っていた。そりゃそーかと納得。お肉屋さんも毎日お肉は食べないよね、きっと。

 

それにしてもお料理がほんとにおいしかった。

釣って間もないマグロや、ホヤの茹でたやつ(見た目がグロテスクで食べれるのかと驚いた。意外にマヨネーズをかけて食べたり)、ムール貝、ウニが下にびっしりつまった茶碗蒸し、おっきな海老の刺身、カレイみたいな魚(名前がわからなかった、、)の煮付、養殖で採れたふきや里芋、たけのこ、まん丸な分厚い椎茸、揚げが入った煮物、魚と薄く切った豆腐、細切りの長ネギが入ったすまし汁(魚のお出汁がすごく出てた)、おっきなホタテみたいな貝が入ったすまし汁、家で漬けた梅干し、栗が入ったおこわ、おっきくてみずみずしい梨。

もう本当にどれも最高だった。

 

そして何度も何度も淹れてくださる煎茶をみんなですすりながら、たわいもない話をのんびり。

 

海の近くで住んでる人はみんな波のように穏やかで笑っていて、こうありたいな〜と本当に思った。

 

f:id:emincoo:20160920143153j:image